保険金請求方法

ご旅行中に万一事故が起きた際は、以下の手続きに従って保険金をご請求ください。


保険金請求の方法

帰国後、国内で保険金をご請求される場合

三井住友海上ライン(0120-365240)、取扱代理店(株)ライフケアまたは三井住友海上までご連絡ください。

海外から保険金をご請求される場合

三井住友海上ラインにご連絡ください。

*海外で保険金をご請求いただく場合のご注意点

a.保険金お支払いまでの期間

海外では保険金支払完了までにある程度の日数を要します。ご帰国間近の場合などは帰国後に保険金をご請求ください。

b.保険金のお受け取り方法

海外では保険金を小切手にてお受け取りいただきます。現地で銀行口座をお持ちでないお客さまは保険金をお受け取りいただくことができません。なお、現金による保険金のお支払いはおこなっておりませんのでご了承ください。

その他、保険金請求に関するご相談等ございましたら、三井住友海上ラインまでご連絡ください。

(1)ケガ・病気の場合

ア.キャッシュレス・メディカルサービスをご利用される場合

こちらをご覧ください。

※ご契約によりキャッシュレス・メディ力ルサービスをご利用いただけない場合もございます。事前にお問い合わせください。

イ.お客さまがいったん治療費をお立て替えいただいた場合

治療を受けた医師・病院で診断書・治療費の明細書およびの領収書等をお受け取りください。

保険金のご請求に必要な書類
  1. ① 保険証券(保険契約証、被保険者証)のコピー
  2. ② 海外旅行保険金請求書
  3. ③ 医師の診断書(治療費が10万円以下の場合は原則として省略いただけます。)
  4. ④ 治療費用の領収書、治療費以外の支出を証明する書類
  5. ⑤ その他(必要に応じて提出をお願いすることがあります。)

(2)携行品に損害が生じた場合

盗難事故の場合は、直ちに最寄りの警察に連絡し、盗難届出証明をお受け取りください。
破汚損の事故の場合には、損害品を修理される前に写真を撮影しておいてください。

保険金のご請求に必要な書類

  1. ① 保険証券(保険契約証、被保険者証)のコピー
  2. ② 海外旅行保険金請求書
  3. ③(盗難事故の場合)盗難届出証明書
  4. ④ 損害品を証明できる書類(修理費用領収書、損害品の写真等)
  5. ⑤ その他(必要に応じて提出をお願いすることがあります。)

(3)賠償事故が起きた場合

事故が発生した場合は、三井住友海上ラインへご連絡ください。

保険金のご請求に必要な書類

  1. ① 保険証券(保険契約証、被保険者証)のコピー
  2. ② 海外旅行保険金請求書
  3. ③ 示談書、領収書
  4. ④ その他(必要に応じて提出をお願いすることがあります。)

<賠償事故が発生したときの注意点>

①対人事故の場合

被害者がケガをした場合には、直ちに警察および病院へ連絡し、被害者が入院された場合にはお見舞いに行くなど被害者に誠意をもって対応するように心がけてください。

②対物事故の場合

損害状況について写真を撮っておいていただくようお願いします。

③法律上の賠償責任の有無の確認
  • 賠償事故を補償する保険(海外旅行保険または現地加入の自動車保険)では、発生した事故によりお客さまに法律上の賠償責任を負う必要があるかどうかの確認が必要となります。お客さまが道義的な責任を問われる場合であっても、法律上の賠償責任を負わない場合には、保険金のお支払いの対象となりません。
  • なお、お客さまに法律上の賠償責任が発生した場合でも、保険約款上の「保険金をお支払できない場合」に該当しますと補償の対象となりませんのであらかじめご了承ください。
④示談について
  • 被害者から賠償金を求められたときは、その主張・根拠をよくお聞きください。賠償金額については保険会社(三井住友海上)と相談し、示談交渉を進めることが重要です。事前のご相談なく解決なされた場合には、保険金をお支払いできない場合もございますのでご注意ください。
  • また、事故状況より被害者にも事故が発生した責任(過失)がなかったかどうか検討する必要もあります。相手方に過失があると認められる場合、その責任割合(過失相殺)を勘案して賠償額を決定することになります。
  • お客さまで法律上の賠償責任の有無を判断することが難しい事故である場合などは、保険会社(三井住友海上)と相談したうえで連絡する旨を、被害者にお伝えください。
  • ※この保険では、保険会社(三井住友海上)がお客さまに代わって損害賠償請求権者との示談交渉を行う「示談交渉サービス」は行いませんが、お客さまが法律上の損害賠償責任を負う事故が発生した場合には、賠償問題が解決するようにご相談に応じさせていただきます。なお、あらかじめ三井住友海上の同意を得ないで損害賠償責任を認めたり、損害賠償金等を支払われた場合には、保険金をお支払いできないことがございますので、ご注意ください。

<損害賠償保険金のお支払い方法について>

賠償責任保険契約(特約等も含みます。)において、保険金のお支払い方法は、次表(1)または(2)のとおりとなります。

保験金のお支払い先 保験金のお支払いについて
(1) 被保険者(加害者等、損害賠償責任を負担される方)の指定する口座 次の①または②のいずれかを上限に保険金をお支払いします。

①被保険者が三井住友海上から保険金を受領することについて、損害賠償請求権者(被害者)が承諾している額(注1)
②被保険者が損害賠償請求権者(被害者)へ弁済した額(注2)
(2) 損害賠償請求権者(被害者)の指定する口座 保険金は損害賠償請求権者(被害者)の指定先にお支払いします(注3)。
  • (注1)示談書等で損害賠償請求権者(被害者)が承諾していることを確認させていただきます。
  • (注2)領収書、振込明細書等で損害賠償請求権者(被害者)へお支払い済みであることを確認させていただきます。
  • (注3)保険金請求書の「保険金振込口座」欄等に損害賠償請求権者(被害者)の振込口座をご指定いただきます。
  • ◇保険金請求権は損害賠償請求権者(被害者)以外の方に譲渡すること、質権を設定するとと、および、差押えをすることはできません。

(4)救援者費用・各種費用等保険金の対象となる事故の場合

航空機の遅延による事故などの場合は航空会社に事故証明書の発行を依頼してください。 事故によりご負担された費用の領収書を保管しておいてください。

保険金のご請求に必要な書類

  1. ① 保険証券(保険契約証、被保険者証)のコピー
  2. ② 海外旅行保険金請求書
  3. ③ 事故証明書(事故証明書、航空会社の遅延証明書等)
  4. ④ 支出した費用(航空運賃等交通費、ホテル室料等)の明細、領収書
  5. ⑤ その他(必要に応じて提出をお願いすることがあります。)

外貨換算率について

(1)国内でお支払いする場合

外貨建保険金は、原則としてお支払額の確定日の前日の三菱東京UFJ銀行本店における為替レートによって換算してお支払いいたします。外貨交換時の為替レート適用をご希望される場合には、その為替レートを証する書類(外貨交換時の金融機関の計算書、クレジットカードの利用明細書等)をご提出ください。

(2)クレームエージェントがお支払いする場合

円建保険金は、原則としてお支払額の確定日の前日におけるその国の最有力為替銀行の為替レートでその国の通貨に換算してお支払いします。

(3)三井住友海上より現地に送金する場合

円建保険金は、原則としてお支払額の確定日の前日の三菱東京UFJ銀行本店における為替レートにより換算した外貨の額をご送金いたします。

ページのトップへ

当社の勧誘方針について | プライバシーポリシー | 会社案内 | サイトマップ